デザイン

デザインについて気づいたことがある。

デザインには「クセ」が必要だ。


機能を追求すると製品は美しくなる」そうおもってきたし、「機能美こそ全て。」はよく聞く事実だ。しかし、例外を見るたびに疑念はつのった。

機能を追求する前に、製品はそもそもの目的がある。そして表層数ミリなり数センチに製品を印象づける領域がある。「どのような物を目指しているか」で、仕上がりの印象は大きく変わる。それはデザイナー、プロデューサーなど、プロジェクトを率いる人の美意識に着地する。今まで美しいとおもった経験が間違いなく反映されるだろう。美しい、クールである、おもしろい、感動した、目指すデザインを体感した経験のたりない人間にプロデュースさせることは中途半端な物を生み出す事を意味する。

兎に角、良い物も悪い物も、関係在る物も無いと思われそうな物でも、地球上の多様性をおおいに経験し、メリットとデメリットを考えて自分の脳の引き出しにしまうのが大切。なぜならこの引き出しは使うためにあるからだ。見て感心する、写真にとるだけでは観光客だ。しっかりと善し悪し以上の細部を体験し、使えるように技術と雰囲気を覚える。人は、覚えたくない物事は覚えられないが得意な物事は覚えられるように出来ている。最近情報止まりで口うるさい人が多い。じゃあやってみろ。競争だというときに、戦えるだろうか?

酔っぱらいがプロのピッチャーにテレビ見ながらだめ出ししてるのとはちがうのだから。


さらに、機能を追求しすぎると落とし穴がある。勘違いしてもらっては困るが機能はおおよそ正義である。機能重視の道具に機能がないのはクソだ。機能が下がって見た目だけのがっかり商品ほど「しょうもない」物は無い。機能は一辺倒に美しいデザインのゴールではないという意味であり、これだけデザインが大衆化した今、機能美だけが正解ではない事に目を向けたいと言うことで、機能美賞賛の話はもういらないと言う意味だ。


去年起こった出来事である。僕は家具の知識はまるでないし興味もない。名前は気にせずほしいものを適当な値段でかう。誰々の物だからという理由で購入した家具はひとつもない。家の椅子はどれも中途半端で、でもそれぞれいい姿をしている。そして、ふと気づいたのである。そういえば角打ちの店でビールケースに座布団を引いて座ったり、板きれで背もたれが壁とかいう椅子にそれほど不満がなかったことを。そこへきて家具好きの友人が散々試してたどり着いた座り心地の良い椅子の答えは、ビーズクッションだと言うので心底がっかりした。あんなもの家に置きたくないからである。快適性は他の要素も大きく作用する。追求しまくるもよしだが、どういう使い方をするかなのだから、大げさに言うと座り心地は二の次でよいのだとさえおもう。大体の椅子は座れるのだ。

そしてデザインするのにたどり着いた答えはこうだ。


まず、うつくしい作りたい物を創造する。そして、その美しさに機能をのせる。


「あなたは、この世に生まれて何を美しいとおもっていますか?なにをいいとおもって物をつくっていますか?」そう問われているだけだと思ってよい。僕の基準は「生きてて気分がいい物を使いたい。」むしろどんなに機能的でも家に合わない物やダサイ物はいらない。ファッションも同じかんがえだ。そしてその基準は自分で決める。北欧の真似やアメリカの真似は既に大衆消費デザインであり、パーキングエリアやコンビニに落とし込まれる物だ。北欧風にするのも、アメリカ風にするのも、フランス風にするのも、すごく簡単である。プロのデザイナーが関わる仕事はもっとクリエイティブであり人々を豊にしなければいけない。


機能を追求するには本を読みまじめに教えてもらえば誰でも出来る。それは、英語の文法をキレイに使いこなせるか?であって人間のおもしろみとは全く関係ない。切り捨てようのない「クセ」がその人にあることがデザインにとって大切である。