イラストの向こうがわ


以前漫画についてかいた、漫画特有のコマわりの小ささが意識の中で、ある意味大きな絵をかかせなかった。物理的に使う道具にもよるわけだけれど、物語を語る上でさほど必要ではなく、あるいはそれは必要な制限でもある。連載という十字架を背負う漫画家にして良くも悪くも漫画が技術にしみこむ。
あの世界観と絵がARTの中心をとらえるとしたら、僕にはそれはできない、そしてしない。しかしある意味その絵には敬服せざるを得ない。
自分のやっている現代美術「絵」はまだやる価値があると、胸をなで下ろすという内容だった。

あれからだいぶ月日が流れ、友達のつながりで、前回ブログに引用した大友克洋氏の息子SHOHEI君と一緒に酒を酌み交わす機会を得た。何を隠そう彼も絵を生業にいきている。
実物の絵を見せてもらったがとにかく魅力に溢れている。彼はボールペン1本で絵をかく。人一倍のデッサン力、表現力に長けていて兎に角上手い。上手いだけなら他にもいるのだが、彼の選ぶモチーフは選び抜かれ言語化している。日本独特のモチーフが多く、選ばれたモチーフと技術が相まって独特の世界観を持つ。
 偉大な父の元に生まれ、普通は背負わされない十字架を背負うことになる。しかも、世界的な漫画家の息子が絵を描くとなると注目度やハードルは我々の想像を遙かに超えている。その社会の「業」ににらみをきかせるがごとく彼の絵には気迫がある。ボールペンを道具として選んだ理由は、描き直しが出来ない事、誰もが使っている何でもない道具であることを教えてくれた。後戻りできない「潔さ」が彼をそうさせているのだとおもう。和彫り刺青のモチーフも多いのも、刺青が後戻りが出来ない言語となっているからかもしれない、「気合い」の表現になる。久々に心が震える絵だった。

彼は言った。ARTでなくイラストを描きたい。絵をうるという想像が付かないという。その意味の真意は分からないが、潔く「イラスト」といいきるのだった。きっと僕の知らないなにか素晴らしいものを見てきたのだ。なんなんだろう?イラストの魅力をまだ僕は知り得ていない。しかし、彼の絵に魅力があることは非の打ち所がない。
そういう日常をへて、僕はイラスト漫画へ再び視野を広く深くもてるようになり、見方を変え注目するようになった。


僕は個人てきに大きな作品の魅力に沿ってきたように思う。最低全判ぐらいの大きさの作品が好ましい。物が小さくても小さい感じのしない物づくりにこだわっている。経験上ARTでありたいとおもったし、自分が成りたい、尊敬できるような物づくりはARTの中でありイラストではなかった。文字で表現するのは苦手なので、その線引きはかききれないが。頼まれた絵しか描かないイラストしかこの世に存在しないなら僕はすぐにでも絵を止めるつもりだ。そういうイラストしか今までみてこなかったが、彼の絵を見て気が変わった。

もしかれらが大きなイラストを描き、その創造的世界に磨きをかけ実寸台で、あの技術を描きあげたなら、18世紀の日本絵師に筆適する日本人のみぞ作れる絵を作れるのではないだろうか?それはまさに現存する絵で一番見応えがあるのではないだろうか?どんな崇高な考察を打ち上げた絵をも飲み込む創造力と画力が具体的大スケールでこれからあらわれるとしたらそれはまさにART界の中心になることは間違いないように思われる。これからどうなるか楽しみな反面、自分へのおおきな課題となりほぼ毎日その事柄に関する生き方を考えている。 俺は今の表現とどう向き合うべきか。おおよそ決まってきた。